CLUB FUMIKODA レポート

香りを重ね着すれば、深みのある自分を演出できる:CLUB FUMIKODAレポート | FUMIKODA

1月29日に、CLUB FUMIKODA特別イベント「ビジネスキャリアのためのフレグランスとの上手なつき合い方講座」が開催されました。講師はフレグランスメーカー「セントネーションズ」の代表で、フレグランスプロデューサーの石坂将さんです。司会進行は幸田フミが担当しました。 石坂さんは、2012年にセントネーションズを立ち上げ、オリジナルブランドの「レイヤードフレグランス」の開発・販売や、数多くの著名人・スポーツ選手のオリジナルフレグランスのプロデュースを手掛けています。今回はシチュエーションに合わせたフレグランスの使い方や、香りを通したコミュニケーションの仕方をレクチャーしていただきました。 香りの種類の基本は10パターン ――まず基本的な香水の知識として、フレグランスの種類についてお伺いしたいです。例えばボディミストは、香水の種類の中でどれになるのでしょうか? 石坂:オードパルファム、オーデコロン、オードトワレという呼び方は、香水の濃度によって変わります。一番濃いものがパルファムで、次にオードパルファム。オードというのは、英語にすると「water of」という意味合いになります。なので、パルファムより少し軽いということですね。次にオードトワレで、次にオーデコロンという順番になります。ボディミストやボディスプレーと呼ばれるものは、基本的にオーデコロン、もしくはそれよりも軽めのタッチで作られているものが多いです。 ――香りの種類はどのようなものがあるのでしょう? 石坂:世の中に新しい概念が出てくると、香りの世界も新しいジャンルができ上がっていきます。代表的な香りの系統は、シトラス、フローラル、フルーティ、グリーン、オリエンタル、ウッディ、スパイシー、マリン、フゼア、シプレーの10パターン。それ以外だと、比較的新しいグルマンと呼ばれるカテゴリーもあります。グルマンはグルメという意味で、おいしそうだと人が思う要素をインスピレーションのもととして香りを広げていったジャンルです。 グルマン系のトレンドがスタートしたのは、2008年にプラダからキャンディという香水が出たのがきっかけでした。その名前の通り、お菓子のように濃厚な香りです。それが世界的にヒットする中で、各社がグルマン系の香水を出すようになって商品が増えています。 初めてフレグランスを使ったのは、幼稚園の時 ――石坂

FUMIKODA

先日トークショーに参加させて頂いたCLUB FUMIKODAのレポートが公開されました(^o^)


読み応え充分な内容になっているので是非ご覧ください!